ワンルームマンションの不動産投資メリット・デメリット

ワンルームマンションは昨今投資先としても企業に勤めている人々などからも注目されています。 ワンルームマンションの不動産投資はメリットと同時にデメリットがあります。そこで、 これらのメリットとデメリットについてご紹介してみたいと思います。

まず、ワンルームマンションの不動産投資のメリットとして挙げられるのが、会社に勤めている場合などに定年退職した後の老後生活の備えになるという点です。ワンルームマンションの家賃収入が老後の年金代わりになるといわれているのです。そして、家賃の収入は入居している人が入居し続ける限り毎月得られます。

そんなにしばしば住居を変えるという人はそれほど多くないといわれ、家賃による収入は比較的安定した収入と考えられています。そのため、預金を取り崩しながら生活するのと違って精神的な安心感もあるといえます。

また、ワンルームマンションの不動産投資のメリットとして他にも挙げられる点が利回りです。今は銀行に預金しても1%の金利もつきません。しかし、ワンルームマンションに投資すると新築のワンルームの場合であれば2.5%くらい、中古のワンルームだと5%くらいの利回りが得られるといわれています。

不動産の家賃は物価上昇と連動しているため、インフレ対策にもなるといわれています。ワンルームマンションのオーナーになるための特別なスキルもあまり必要なく、誰でも始める準備があれば始めることができます。

さらに、ローンで投資用不動産を購入すると、マイホームと同様、団体信用生命保険がつくため、万が一の保障として家賃収入を得ながら活用できるのです。このように、ワンルームマンションの不動産投資にはメリットが多くあります。

しかし、同時にデメリットもあります。ワンルームマンションの不動産投資のデメリットとしては売却まで時間とコストがかかるという点や所有しているだけで経費や税金がかかるという点などが挙げられます。

また、ワンルームマンションの不動産投資にはリスクもあります。例えば、借り入れや空室、滞納、地震や火災などのリスクです。しかしながら、ワンルームマンションの不動産投資には多くのメリットがあり、実際に経営者として成功している人もいます。

このように、ワンルームマンションの不動産投資には様々なメリットがあるとともにデメリットもありますので、ワンルームマンションに不動産投資を行うという場合、事前にこれらのメリットとデメリットなどについてよく考えてから投資を行うということがおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ