不動産投資の種類について

不動産投資というフレーズを耳にすることが多くなってきましたが、不動産投資と一口にいっても投資先が多様化してきていることはご存知かと思います。一般的にはアパートやマンションを投資するイメージがありますが、最近は投資信託の要素を持つREITの人気が高まりつつあるようです。投資先によって準備する資金が異なってくるため、ここでは不動産投資にどのような種類があるのか紹介していきましょう。

REIT

REITとは「Real-Estate Investment Trust」の略語でリートと読み、不動産投資信託とも呼ばれています。不動産投資は通常不動産を購入しますが、REITは投資信託の一種であるため不動産会社の銘柄を購入することになります。投資先の企業の運用実績によって価格の変動が起きたり、分配金を得たりすることができます。初心者向けのREITは低予算で始めることができる投資とも言えるでしょう。

ワンルームマンション投資

本格的に不動産投資を始動させるなら、ワンルームマンション投資がおすすめです。ワンルームと言っても1DKや1LDKだけでなく、ワンルームマンションも含まれます。アパートやマンションの一室を購入して賃貸経営を行っていく投資方法です。

小口化不動産投資

会社のビルなど金額の大きい不動産を分割した物件を購入する投資方法です。実際に物件を購入するため、投資家は支払い金額に応じて共用持分権を所有することになります。ビルなどの物件情報は、一般の方には入りにくいので不動産業界関係者向けの投資方法とも言えるでしょう。

戸建て賃貸経営

一戸建てを購入して賃貸経営を行っていく投資方法になります。最近は、マイホームとは別に家を建て、賃貸経営を行うといった不動産投資をする人が増えてきているようです。

駐車場経営

土地を購入し月極駐車場やコインパーキング場を運営していく方法です。都会は駐車場スペースが非常に少ないので、このような駐車場経営を検討している方も多いようです。

アパート経営・マンション投資

アパートやマンションを一棟まるごと購入する投資方法です。一度の投資で多くの部屋を貸し出すことができるので、賃貸収入もまとまったものが得られる可能性も高くなります。しかし、購入価格が最も高い不動産投資になるので、ほとんどの場合ローンが必要になるでしょう。

まとめ

不動産投資の種類は、他の投資と比べて多額の資金を用意する必要があります。予算や始めやすさといったそれぞれの観点から、自身に合いそうな投資方法の種類を見つけてみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ